読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遥かへのスピードランナー

シリコンバレーでAndroidアプリの開発してます。コンピュータービジョン・3D・アルゴリズム界隈にもたまに出現します。

Blender+SIO2で3D物理エンジン

3D 物理エンジン

すっごい間が空いてしまい、いまさらなんですが、年末年始のプチ成果まとめ第2段です。前回のBox2Dに引き続き、今度は3Dの物理エンジンをいじってみます。

Box2Dの場合、貧弱ではありますが線画機能(DebugDraw)が内蔵されていますが、3Dの場合はレンダリング(描画)は部分はそれ専用のエンジンを用いることが多いです。逆に物理エンジンの部分はそれだけに特化していて、描画機能はもたないことが多いです。
というわけでフリーで使える物理エンジンレンダリングエンジンを分けて紹介すると、

物理エンジンでは

あたりが有名、レンダリングエンジンでは、

が有名どころだと思います。

今回はその中でも「blender」を使ってみます。blender物理エンジンとして、デフォルトでbullletを内蔵しており、レンダリングから物理シミュレーションまで、一つのGUI上で簡単に編集・表現することができます。
またSIO2というiPhone用の3D物理エンジンに簡単にエクスポートすることができる(SIO2にpythonで書かれたExporterスクリプトが付属してます)ので、将来iPhoneでゲームを作ってみたいという人にはうってつけ、というわけです。

blenderの入門ページとしては、藤堂+さんのblenderチュートリアルが素晴らしくまとまっています。ただSIO2のことについて触れていないので、SIO2にガンガンExportして楽しみたい人は、SIO2付属のチュートリアル(Export前のblendファイルも付いてくる)をいじってみるか、Haraさんのブログエントリー

あたりを読むと分かりやすいです。やっていることはSIO2のチュートリアルをちょこっと改造して、自作の3Dモデルに置き換えてみよう、というものです。

で、blener+SIO2にはここには書いていない落とし穴も結構あったります。
以下に書くことは、全てsio2interactive wiki-Blender and SIO2にも書いてあることで、最初からここを読んでいれば特にはまることもないのですが、日本語の文献はあまり無いようだったので、書いておきます。

  • blender上で同じ計上のオブジェクトしていくと、Cube.001,Cube.002,Cube.003のように末尾に連番が付いたIDのオブジェクトが自動的に作成されていきますが、これらはblender上だと重複オブジェクトとみなされ、SIO2上で表示されないことがあります。他のIDに手動で変更が必要です。
  • テクスチャはUV Mappingしなければ表示されません。UV Mappingという用語は3D素人にはなじみがないのですが、以下のエントリーが詳しいです。
  • スケール値が1.0以外の値が設定されていると衝突判定されない。これはHaraさんのブログにも書いてありますね。物体の大きさを変更する場合は、Object Modeで変更するのではなく、Edit Modeで変更するか、Object Modeで変更した後に、Ctl-A -> scale and rotation to objectでscaleが1.0になるように再調整します。

とまあこんなところです。仮にiPhoneアプリ上で複雑な3Dモデルを作る場合、SIO2でモデルを組み立ててもよいのですが、blender上でpythonのマクロが使えるのでそこでモデリングしてしまうのが結構簡単です。次回はpythonでモデルを組み立てるところをやってみます。