読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遥かへのスピードランナー

シリコンバレーでAndroidアプリの開発してます。コンピュータービジョン・3D・アルゴリズム界隈にもたまに出現します。

Androidの開発効率化Tips

android

2010/09/06追記:id:gaeさんよりXMLのファイル名はキャメルケースにできない、という指摘を頂きました。XMLのファイル名は未検証のまま書いてしまっていたのでそれに関する記述を削除させて頂きました。
Androidの開発にもだいぶ慣れてきて、スムーズに開発できるようになってはいるのですが、冷静に自分の実装プロセスを分析するとまだまだ非効率だなあと感じる点が多々あったりします。効率化のためにADTを改造するかな、とも思ったのですが、それ以前に既存のEclipse+ADTの機能を活用して効率化できる部分がまだあるのではないかと考えて調査してみました。

その中で、これは使えそうかな、というEclipse+ADTでのAndroid開発効率化の小技をいくつか紹介します。

GotoFileプラグイン

Androidで開発をしているとファイルを行ったり来たりすることが非常に多くなります。LayoutファイルとJavaソースの行ききだったり、似たような処理をしているところをコピって持ってきたり、、、。そこで使えるのが、Eclipse上で素早くファイル検索できるGotoFileプラグインです。オリジナルの配布サイトからはダウンロード出来なくなっているようですが、id:kusakariさんが表示数制限版を公開されています。

このプラグインをインストールすると、Ctrl-Alt-Nで検索窓が出てきます。Eclipse標準機能のCtrl-Shift-Tでも似たようなことができますが、GotoFileプラグインが特徴的なのは曖昧検索ができることです。
たとえば、hello_world.xmlのファイルに移動したければ「hxml」でヒットします。仮にファイルの一部分しか覚えていなくてもかなりスムーズにファイル間を移動することができます。

Extract Android String

Androidの開発で、もう一つ面倒なのがstrings.xmlファイルの存在です。
他言語化するために、基本的に文言は全てstring.xmlに抽出しますが、文言が出てくるたびにstrings.xmlを開いて編集、とやっていると非常に効率が悪いです。

あまり知られていないですが、ADTにはこれを解消するための便利な機能が用意されています。
Javaファイル、もしくはリソースXMLファイルで文言部分を選択した状態で、「Refactor->Android->Extract Android String」のメニューを選ぶと、指定された文字列をstrings.xmlに抜き出すことが出来ます。Alt-Shift-A, Sのショートカットで呼び出すとさらに便利です。
僕はこの機能で1日で1度もstrings.xmlを開かなくても開発できるようになりました。

キャメルケースを活用する

これはAndroid開発に限らないですが、Eclipseの補完機能をフル活用するために、キャメルケースで補完するのが良いです。

たとえばOnItemLongClickListenerだったらOILCと打ってCtrl-Shiftすれば、候補表示を飛ばして一発で補完できます。OnItemと打って、次に候補から選んで・・・とするよりもキーストロークを大幅に減らすことができます。

これはR.javaの各フィールドについても言えることで、R.strings.XXXXなどのXXXX部分を補完する際にも使えるので、stringsのキー名やandroid:id、layoutやdrawableのファイル名は、全てキャメルケースにしておくことをお勧めします。特にstringsのキー名とかは数が多くなってくると、必然的に長くなってくると思うので・・・

僕はいままでアンダースコアで区切っていたのですが、補完時に不便なのでキャメルケースに切り替えました。

まとめ

Eclpse+ADTにもまだまだ知らない便利機能が多いので、みんなでTipsを共有するといいと思うな!(おい